刀ミュを観に上海に行った覚書

 

今後ともお世話に中国の上海に新しくできた2.5次元ミュージカル専用劇場、虹橋芸術中心に刀ミュを観るためだけに行って来ました。

 

今度ともお世話になりそうな予感がするので、半分自分用の覚書程度に、必要経費や思ったことを書き残しておこうと思います。鉄は熱いうちに打てが信条。

今後推しが虹橋芸術中心で舞台をやる事になった人の参考になればともちょっと思ってるけど、完全に主観なのであんまり参考にならないかもしれないごめんなさい。レポでは無いです。

 

チケット用意して、あと 大体10万くらい用意して旅行代理店行ったら大体何とかなると思うよって話。

 

 

2.5次元ミュージカル…大体が漫画やアニメ、ゲームの舞台化

虹橋芸術中心…ホンチャオ アートセンター と読みます。

刀ミュ…ミュージカル刀剣乱舞

 

 

 

◆◆前提

・2017年1月時点での感想です。

・中国旅行の概要や上海事情、お国柄や注意事項については外務省のHPや上海ナビなどのサイトを参考にしている事が大前提。

・二十代半ば女性二人の旅行。

・喋る事の出来る中国語は「ニーハオ」「謝謝」のみ。

・海外旅行経験はほぼ無し。

・お金で買える安全はお金で買いたい派。

・食事にこだわりは無く、食べられればそれで良い思考。

・あまり細かい事は気にしない。

・全五公演全通の為、三泊

 

 

 

 

◆◆出国前に掛かった経費

海外旅行慣れしていない為、とりあえず今回はH○Sさんに全部依頼しました。

下調べを希望のホテル以外ほぼ全くせずカウンターに行ったけど、希望に合わせて且つある程度余裕を持ち航空機と旅行日程プランの提案をしてくれてその場で成約すればホテルも往復の航空券も抑えてくれる。超楽。

手配手数料は掛かるけど、一々全部下調べしてひとつひとつ抑えて、更に万一行き違いなどでトラブルになった時の対応も自分でやることに比べたら些細なことだと思う、ので。

海外旅行慣れしてる人は全部自分でやった方が全然安くなると思います。

でも私は多分また次行くとしても旅行代理店にお願いする。お金で買える手間と安全は買っておきたいです。日本語が通じるところで。

 

・五年パスポート取得費用…11000円(+写真代とか戸籍謄本代)

・航空券…往復で35000円(J○Lのエコノミーです)

・空港施設利用料…2570円

・中国出入国税など…1390円

・航空保険料/燃油サーチャージなど…600円

・手配旅行に係る取扱料金…8640円

・三泊分のホテル代…一室20400円(一人10200円) 驚きの安さ

・ホテル取り扱い料金…1080円

・保険代金…4180円(比較的スタンダードで無難なもの)

 

・チケット代…今回はVIP席3枚(14500×3)+B席2枚(7900×2)=59300円(+手数料)

 

=133420円

 

チケ代、公演によって違うだろうけど今回の刀ミュは2階席なんか滅茶苦茶安いし、中国では席種によって値段違うのがポピュラーらしいので、予算に合わせて席種を組み合わせられるのではー、と。

今回は前方5列がVIP(パンフ付14500円)、6-11列がA席(11200円)、12-18列がB席(7800円)、二階の1-9列がC席(4800円)、二階の後方二列がD席(3000円)。日本でもこのシステム導入して欲しい。

ちなみに刀ミュの客降りは二階もあった。二階の面積狭いのに、この値段で一曲丸々ランダムで2人が来てくれるシステム最高過ぎない?柵が低かった気がするから高いとこ苦手な人はアレだけど、次は二階も一度入りたいかも。これも参考までに。

 

お金の話に戻ると、パスポートももう持ってる人なら必要無いし、航空券も格安航空とかにしたら多分大分安くなるんじゃないかと。ただホンチャオ空港は小さめの空港なので空港泊はきつそうな気がする。 

 

 

 

◆◆滞在費と食事のこと

 

割安感は大分少なくなっている、という認識で行ったのですが、全然安いです。

タクシー、虹橋空港からホテルまで15分弱走って(ちょっと迷われた分込み)35元(=600円弱くらい)日本の初乗り料金より安い。

 

300元(=5000円くらい)ずつ互いに出して共通の財布を作り、タクシー代/食事代はそこから出す方式で三泊四日過ごしたのですが、50元弱余りました。

おにぎりとかカップ麺とか、ローソンやファミマ、セブンで買うと6元くらい(=約100円)で買える。牛丼とかも15元(=約250円)くらい。食事は基本近所のチェーン店やカフェ、コンビニで過ごしてました。圧倒的野菜不足。次行くときはもう少し野菜も食べたい。

おにぎりは正直硬いし油が多いしで口に合わなかった…。カップ麺も重かったらしい。パンが馴染みのある味で安心しました。

観光客向けだったり外資チェーン以外は、英語での表記や写真は一切無く、また、店員さんも驚くほど英語すら通じないので、何が出てくるかが分からずあまりチャレンジ出来なかったのが本音。あくまで観劇遠征なのでお腹壊したりはしたくないし。

 

ちゃんとしたところで美味しい中華が食べたかったり、キャストさんが食べてたものと同じものが食べたい、など考えると+αでかかってくるところだと思うので予算に合わせて臨機応変に。

ただし一日二回公演行く場合、思いのほか余裕が無いのでレストランとかは行く時間無いと思っておいた方が良い。今回は当日引換券だったので引き換えの為に一時間前に行かなきゃいけなかったので(運だけど、やっぱり早めに行った方が席良かったし最後の方だと連番で用意してもらえなくなる確率が高い)尚のこと時間無かった…ソワレ終わった後はコンビニ以外殆どお店閉まってるし。

 

あとお土産代が200元くらい。 劇場前のデパート地下のドラッグストアでパックを三箱(99元)と、空港で余った元で烏龍茶(120元)を買いました。個人的な感想ですが外国のお菓子などはあまりお土産で貰うと困ってしまう方なので、パックとかなら安いしばらまけるし会社に女性が多い時は良いと思います。お茶も美味しかった。

 

 

 

◆◆ホテルのこと

 

今回は公演が終わるのが22時頃になるという事、治安が心配なので暗い夜道を歩きたくないこと、万一雨が降っても地下通路でホテルから劇場付近の出口まで直行出来る事を重視してキングタウンホテルにお世話になりました。ホテルから劇場まで五分。

フロント対応は中国にしては良い方だと。英語も通じる。当日までツインかダブルか分からないのが博打だけど(今回は運よくツインでした)とりあえずまぁこんなところか、ってくらいの内装。染みとか塗装ハゲとかはあるけど、水場は許せる範囲だったし生きていくのには困らないくらいかな。強いて言うならベッドが硬い&タオルが硬くて重い。

でも無いって書いてあったものが結構あったりした。バスローブとか歯ブラシとか。あるって言ったものが無いよりマシだけど。

 

フロントに自動の両替機もあったので日本円も持っていけばその場で替えられるので便利。私事ですが、今回クレカを忘れてしまい、大分ひやっとしたのですが(余計なものを持って行きたくなくて財布を整理した際に置いてきたようで、あてにしていたので本当に焦った…) 日本円は持ってたので、すごく助かりました。

 

ここのホテル、部屋によって色々変わるようなのですが参考程度に。

f:id:greeens:20170117142444j:plain

台は剥げてる。清潔感は許せる範囲。コンセントは普通に日本のやつそのまま刺さりました。

f:id:greeens:20170117142638j:plain

シャワーの水圧はちょっと弱いけど許容範囲。お湯はすぐ出る。

f:id:greeens:20170117142809j:plain

多分左がシャンプーで右がボディーソープ(多分)

シャンプーは持参したので使ってないから分からないけど、ボディーソープは何か森の香りがした(?)劇場向かいのショッピングセンター地下に薬局があり、そこで日本製品も沢山扱ってるので、気になる人はそこで調達しても良いと思う。

 

f:id:greeens:20170117142730j:plain

使わなかったけどキッチンとコンロもあった。ナイフとかもフロントに言えば貸してくれるっぽい。水は毎日一人一本くれる。

 

---

 

昼間にちょっと街歩きした時に見たけど、ジェイドリンクホテルも徒歩5分程度圏内で、大通りに面しているし安心できそう。外観も普通に綺麗だったし、口コミも良いので次があれば候補に入れたいです。

 

ちょっと歩くとシェラトンもあるけど、あの辺は大通りを一本入ると急に暗くなるので、シェラトンに泊まるならソワレの帰りはタクシーで行きたい。クオリティは一番安心じゃ無いかなって思います。勿論他に比べたら高いけど日本のホテル相場に比べたら全然安い。

 

◆◆その他

 

・空港のこと~タクシーのこと

虹橋空港を利用しました。羽田や成田に比べると大分小さい、狭い。

ただその分迷ったりはしなさそう。着いた方にはフードコートのような場所が一つ。出発する方にはカフェとレストラン、コンビニが各一つずつあった。英語が通じるスタッフが多い。助かる。お茶美味しかったー。

トイレは何と言うか、公園のトイレよりは綺麗、って覚悟でいたらいけるかと。

 

空港からのタクシーは、タクシー乗り場並んでたら順番に案内してくれる。

車は左ハンドルなので助手席は右から。基本的にドアを開けてくれたりはしないし自動で空いたりもしない。

日本のタクシーは前と後ろに透明の板の仕切りがあるけど、中国のタクシーは透明の板の仕切りで運転席を完全防護してる。後ろとの境にも、助手席との境にも板がある。日本の仕切りみたいに気持ち程度付いてるって感じじゃ無くて、何かもう完全に守る気概を感じる設置。紙を見せて案内したり、何か伝えたい事がある場合は、助手席に座らないと意思の疎通が図れない。

並びながら見てた感じ、日本でも同じだけど当たりはずれあるなぁと思ったんですが運良く当たりの方に乗れて、行きも帰りもとてもフレンドリーな運転手さんでした(滅茶苦茶話しかけてくる)(でも頑として中国語しか話さない)

 

 

・人のこと

ニュースなどで反日デモのニュースしか見た事が無かったので、日本人というだけで悪感情をもたれるものだと思って覚悟していたのですが、虹橋芸術中心がある付近は少し物価お高めの比較的治安が安定しているところのようで、あからさまに何かあったりは無かったです。物乞いなども見かけなかったし、日本人と分かっても対応が変わる事は無かった。

 

物の扱いはとても雑と言うか頓着が無いようで、商品を普通に投げたりすし、夜コンビニ行くとダン箱から棚に商品を流し込んでたりする。びっくりする。

でも基本とても親切でした。言葉は一切通じないけど、エ○サイト翻訳のような画面を見せて意思の疎通を図ってくれた人も居ます。劇場に忘れ物をしてしまったのですが、受け付けの方が一生懸命意思の疎通を図ってくれて他のスタッフさんに伝えてくれて、見付かってお礼を言いに言ったら手を振って喜んでくれました。めっちゃいい人。

 

・言葉のこと

基本的に、彼らは中国語以外口にすることはほぼ無いと思っておいた方が良いです。英語すら通じているのか微妙。仮に通じていてもあちらが英語を話してくれることはほぼ無い。

あと殆どの人はゆっくり話してくれたり、言い換えてくれたりもしない。同じことを同じスピードで繰り返すだけ。多分何でお前は中国語も分からないんだくらいの感覚なのかもしれない。正直本当に申し訳なかった。勉強します。

 

でも謝謝って言うとにっこり笑ってくれる。確かに日本でも、多少拙くてもアリガトゴザイマスって言われるとほっこりするもんな。言葉を覚えて話すってことは、貴方が好きで歩み寄り理解しようとする意志があります、って言う意思表示なのかもしれない。

その理論で行くとあちらの方は基本歩み寄る意思が無いってことになるけれども(笑)郷に入りては郷に従えじゃないけど、中国に行くからには少しでも中国語を理解できるようになってから行った方が、楽しい旅になると思います。

 

そんなに出歩いては無いけど、ジェスチャーと謝謝とニーハオだけで生活するの、正直滅茶苦茶大変でした。何とかなるだろと思ってる方多いと思うけど、何とかなりますが大変ですってことだけ。

 

 

・その他

虹橋芸術中心はAiiAより椅子がふかふかで幅も広く、背もたれも高く傾斜があり、とても見やすかったです。

今回の区分だと、横の太い通路がB席の前になるので(AiiAで言う八列目前の通路)VIPが取れなかったらA席取るよりB席取った方が通路を使った演出は楽しめるのでは。客降り、殆どそこの通路~最後列に伸びる通路に滞留してました。会場も狭いので距離も問題無い。

 

初日はB席付近本当に煩かったようなのですが、恐らく現地の方同士で声掛けをしてくれたのか、千秋楽辺りではとても静かだった。前傾姿勢で観劇される方も居たけど、背を背もたれに付けて観るとかそういったマナーは、おいおい浸透していくものじゃないかな、と。

 

物販も最後尾列の札を持ったスタッフさんが居て、ちゃんと一列で並んでた。でもめっちゃ商品投げてる(笑)そういうの気にする人は多分中国来たら胃が死ぬと思う。

列が伸びて物販間に合わなそうになって来たら、みんな並んでる人にお札押し付けて代行お願いしてた(多分知らない人に)のがすごかった…30本くらいペンライト買ってレジ横で配ってる人居た。中国すごい。そして投げられるペンライトとストラップ。

 

チケットのチェックはすごい厳密に透かしとかチェックされた。偽物があるんだろうか。あと滅茶苦茶ダフ屋もいた。殆ど相手にされてなかったけど。

 

現地の人とカワイイ!カワイイ!と会話したり(日本語全然分からないようなのに可愛いは通じる…すごい)一部で号泣している中国の方が居たりして、言葉や時代背景が違くても伝わるものは伝わるんだな、と思いました。新選組は人気らしい。

入場待ちで写真撮ったり話してたら、現地の方に自作のしおりやステッカーを 貰いました。とてもかわいい。素敵な文化だなぁと思う。

 

日本と比べてうるさい、と感じた方も多いと思うし思うところが何もなかった訳では無いけれども、中国の方はリアクションが大きく、盛り上がるところでとても盛り上がるのでそれはそれでとても楽しかったです。

二部ライブもいつもは抑え気味にしてるんだけど、中国公演はもう周りが絶叫みたいになってたので(笑)こちらも遠慮なく素直に声を出せて良かった。

 

当引の引き換えスタッフさんは多分ネ〇ケさんか何かのスタッフさんなのか、日本語も中国語もペラペラで、とてもお世話になりました。

現地の荷物預かりと落とし物受付のスタッフさんも英語が通じました。(お世話になりました)他の案内スタッフさん、物販スタッフさんは殆ど中国語オンリーだった印象。

 

新しい建物だけあって全体的に綺麗。トイレも中国にしては綺麗。紙もある。個室にじゃ無くて、入口付近に置いてあるので取って個室入る感じ。

 

 

 

◆◆総括

 

今回は幕末天狼傳の集大成で大千秋楽だったので、間違いなく行って良かったと思っています。初日から観劇していたのであの全てにおいてレベルアップした姿を生で観られた事には値段以上の価値があるし、あまりに素晴らしかったので行ってなくてレポだけ見てたら多分首くくってた…。

ただ、もし間であったら多分行ってなかったかもしれない。今回はチケットも国内でそれなりに枚数とれては居たので。次何かあったらタイミングとチケットの所持具合次第かな、と。

 

今回かかった費用が大体15万円くらいだったんだけど、もう少し日程を短縮したりチケットのランクを下げれば旅費も抑えられるし、言葉が通じない以外は困ったこともそこまで無かったので、思ってたよりハードルは低いと感じました。綺麗好きとか潔癖症だと厳しいかもしれないけれど。

 

日中関係は変動が激しいし、勿論治安も不安はあるけれども、今回の刀ミュ観劇遠征が本当に楽しかったので、検討してる人が、何か行けそうかもって思ってもらえたら嬉しいです。

 

 

f:id:greeens:20170117143257j:plain

片側三車線くらいの大きい道路。

f:id:greeens:20170117143417j:plain

 

刀剣乱舞、幕末天狼傳。全65公演お疲れさまでした。